【レビュー】FLOORPACKにシンデレラフィットする最適なものを紹介

おすすめのモノ

こんにちは、ふっか(@fukka_mark)です。


株式会社dripが開発した「FLOORPACK」がやっと届きました!



支援開始から1時間後には終了していまして初回では間に合わず・・・。
なんとか追加販売2回目の支援で購入することができました(歓喜)



最終的には
クラウドファンディングサイトmakuakeで支援者4600人、支援額9000万円という驚異的な記録を叩き出しました。



そんなdripが開発した「FLOORPACK」をレビューしていきます。


■製品紹介

・商品目:2階建てだから取り出しやすい、しまいやすい「FLOORPACK」
・製品の寸法:高さ395×幅280×奥行き115(mm)
・バックパックの容量:約13L
・本体材料:630デニールナイロン(ボディ)、ナイロン(テープ)、牛革
・重さ:755g

外観

メイン収納(上部)


収納物:シャープペンシル
MacBook Air 純正充電器
Kindle Paperwhite マンガモデル(第7世代)




収納物:B5用紙

メイン収納(下部)


内側にサイドポケットが2つ
こちらは上部と下部を分ける仕切りを使用しているとかなり使いづらい・・・




収納物:B5用紙
公式ページの写真ではメイン収納(上部)のほうが小さいのかなと思っていたのですが
B5入れてみてびっくりほぼほぼ同じサイズでした!



真ん中の仕切りを外すことで1つの部屋になります。

上部ポケット

色がクリーム色になって探しやすい!

パソコン収納

ここはメイン収納とは別で仕切られているので
上下をセパレートして使っているときでも仕切りには干渉せずパソコンを収納可能です。
※パソコン収納(MacBookなら16インチまで収納可能)

背面ポケット


すこし見づらいですがステッチ部分よりヨコに少し大きいぐらいのポケットサイズです。

底面


これでもかというぐらいふんだんに使われた上質な革。
革の良い匂いがします。

■マンハッタンポーテージのリュック(13L)と比較

 

  FLOORPACK マンハッタンポーテージ 無印良品 肩の負担を軽くする撥水リュック
製品の寸法 高さ395×幅280×奥行き115(mm) 高さ400x幅310x奥行き120(mm) 高さ430x幅320x奥行き140(mm)
バックパックの容量 約13L 約13L 約19L
本体材料 ナイロン・牛革 ナイロン ポリエステル
重さ 755g 440g 460g
ポケットの数 9(内側のみ) 2(外側1/内側1) 5(外側3/内側2)


なぜマンハッタンポーテージで比較したのかというと単純にぼくのメインかばんだったからです笑
無印良品の肩の負担を軽くする 撥水 リュックサックともよく似ているので参考に。
※興味ない方はここは飛ばしてくれて大丈夫です笑


寸法・容量についてはほとんど一緒なので今までと変わらずに使えるのはGOOD!

マンハッタンポーテージと比較して思うところ

    ・ポケットの数
    ポケットもミニマルにしてくれたら嬉しかったですね。
    どこに直したかわからなくなるのでポケットの数が2つ3つのほうが探しやすい。

    これ共感してくれる人いますかね笑


      ・雨に弱いところ
      ここは機能性をとるかデザインをとるかで難しい点ですが
      リュック族としては雨の日でもガンガンつかうのでナイロンのみのほうがうれしかったですね。


      余談ですがマンハッタンポーテージのリュックは7年ほど愛用。
      現在マンハッタンポーテージは買い物用につかっています。

      ■ FLOORPACKに最適なもの紹介【シンデレラフィット】

      ミニマリストのぼくはコンパクトなモノが好きでして
      長年愛用しているものがたまたまシンデレラフィットしたので紹介します。



      FLOORPACKを使っている方はぜひ参考にしてみてください。

      ①水筒

      見事にシンデレラフィット!

      水筒の容量は350mlです。
      この水筒は2代目でして半回転で開き洗いやすくてお気に入りです。


      ②折りたたみ傘

      こちらも見事にシンデレラフィット!

      こちらは3代目?で自動開閉する折りたたみ傘です。



      自動開閉でここまで軽量コンパクトなのは
      なかなかないのでかなりおすすめです。


      ③無印良品ガジェットポーチ


      ん〜タテだとジャストすぎてちょっとギリギリですね。



      入らないことはないけれど、こちらはヨコ収納をおすすめします。
      無印良品公式ページ

      ■メリット・デメリット

      メリット
      ・必要最低限でコンパクト(13L)
      ・洗練されたデザインでオンオフ使える
      ・周りで持っている人が少ない
      ・メイン収納(上部)に重いモノを収納することで肩の負担を減らす。

      デメリット
      ・雨に弱い
      ・ベルトがズレる
      ・リュックとしては少々高い
      ・斜めになっているファスナーが開けにくい(慣れ)
      ・底面が牛革
      ・上部と下部の仕切りを使用している際はサイドポケットがほぼ使えない


      ■デメリット補助アイテム

      ベルトがズレる

      致命的なベルトのズレを改善するにはこちらの商品がおすすめです。


      Amazon ¥430〜¥1000
      Mont-bellオンライン ¥147(定価) + 送料¥550



      ただ少し割高になるので気になる方は実店舗に行くことをおすすめします。
      実際には電車賃などかかるのであまり変わらないと思いますが・・

      底面が牛革

      やはり素材にいいものをつかっているのでカフェやラーメン屋などで地べたに置きたくないときに良いアイテムがClipaです。


      Clipa(艶なしブラック使用)



      こちらを使えばどこでもリュックをかけることが可能です。



      いかがでしたか?

      デメリットもいくつかあげましたが総評してとても満足しています。



      ビジネスでもプライベートでもつかえるリュックはなかなかないので
      そのあたりが気に入っています。



      またミニマルデザインがかなり刺さりますね!


      最後まで読んでいただきありがとうございました。

      コメント

      タイトルとURLをコピーしました